ブログ【えほん】

「まるごと馬場のぼる展」に大人一人で楽しんできた!

2022年10月25日

 

11月6日まで愛知県の刈谷市美術館で開催されている「まるごと馬場のぼる展 描いた つくった 楽しんだ ニャゴ!」に行って参りました!

ホームページ→刈谷市美術館

 

大人一人で行きましたが、静かにテンション上がっていました。笑

 

 

馬場のぼるさんの絵本と言えば、このシリーズですよね▼


 

 

平日の午後の14:30ぐらいに行きましたが、最初は人が結構いました。

ですが、時間が遅くになっていくにつれ、人も少なくなっていった感覚です。

 

馬場のぼる展

 

入口からして楽しい!   入口というか、入る前のワクワク感が一番楽しくない?

 

チケットを購入して、いざ入場!

 

展示は、馬場のぼるさんの有名な絵本「11ぴきのねこ」のラフ画だったり、4コママンガの展示だったり、馬場のぼるさんの生涯の紹介だったり・・・

 

マンガの下書き?も展示品として読めたりして、とても楽しかったです。

 

私的に、一番驚いたのは馬場のぼるさんは「絵本も書けるマンガ家」であったこと。

知ってました?!

 

どっちかというと、マガジンや雑誌に、マンガを掲載していたことのほうが、当時は有名だったのは、驚きでした。

 

馬場のぼるさんの子どもの頃に描いた絵が展示されていましたが、4歳のときから絵の才能があったんですね。

 

小学生の頃になると、もっと繊細で細かい絵も描けていたのが、展示でもわかりました。

 

 

馬場のぼるさんが若い頃は、まだ戦争中でした。

戦争がひどくなるにつれて世間がどんどん息苦しくなってくる中、馬場のぼるさんは自分が書いた絵で、周りの人たちが和んでいたというエピソードもありました。

 

 

当時、自ら特攻隊に志願して訓練していたのですが、戦争が終了したため特攻することはなかったとのエピソードもありました。

特攻していたら「11ぴきのねこ」の絵本も存在していなかったと思うと、いろいろ思うことがありました・・・

 

絵だけではなく、馬場のぼるさんの生涯を知れて、とっても楽しい展示でした。

 

グッズもたくさんあり、11ぴきのねこシリーズのグッズがたくさんありました。

 

私もお土産買っていきましたよ!

かわいいハガキで、絵本好きの誰かにあげようかな▼

 

 

写真OKスペース

写真ですが、展示がある場所では、写真は取れませんでした

 

写真OKだったのは、1階のロビーにある写真OKスペース2か所のみでした。

 

1か所目は、入口から入って、チケット売り場の目の前のところ

 

 

2か所目が、展示があるお部屋の入口のところ▼

 

 

途中、壁に小さなパネルがあったりしたぐらいでした!

 

 

大人一人でも楽しかったです!小さなお子さん連れも多くいました。お子さん連れは、土日の方が多いのかな?

 

お時間あれば、ぜひ行ってみてくださいね

まるごと馬場のぼる展 描いた つくった 楽しんだ ニャゴ!の基本情報

基本情報
開催日 2022年9月17日(土)~11月6日(日)
料金 一般1,000円、学生800円 ※中学生以下は無料
会場 刈谷市美術館
住所 愛知県刈谷市住吉町4-5
アクセス JR・名鉄三河線「刈谷」駅下車、南口から徒歩約10分
車でのアクセス 名古屋方面より国道23号線(知立バイパス)「一ツ木」ICから約5km
駐車場 あり(無料)
お問い合わせ 0566-23-1636刈谷市美術館
ホームページ https://www.city.kariya.lg.jp/museum/

 

-ブログ【えほん】

© 2023 ライフオタク